ここがジャニ沼の最深部

とにかく頑張っている人が好きです

盗撮について。

はじめに

  昨日私は、A.B.C-Zの5周年記念イベントに参加していました。 内容は、メンバーとのハイタッチ&プレゼントお渡し会です。ハイタッチ&お渡しの前に、大きなホールにてメンバー5人から直々に説明(いわゆる前説)がありました。その前説のとき、隣にいた人が盗撮をしていました。係員の方にすぐに伝えましたが、その人は解放されました。今回の私の行動はある意味失敗だった部分があるので、その係員の方から教えていただいたこと今後のためにここに書き留めておこうと思います。

 

 

一連の流れ

   PV映像が消えて照明が落ち、前説が始まる直前、隣の人(Aさん)のスマホの表示がカメラの画面で、画面がブラックアウトしないままだったので、私は「それって盗撮ですか?」と声をかけました。Aさんは私のことをちらっと見た後、それまでAさん自身の体の正面に構えていたスマホを私がいるのとは反対側に持ったので私は「返答もないし私から隠したってことはそうだよな…?」と思いました。そのタイミングでメンバーが登場し、私はもちろん意識を舞台上に向けます。そして横目にAさんを観察していたのですが、とにかくメンバーの言動に無反応だったので、「これはファンじゃないな。イベントに来てるのにここまでえびに興味を示さないのはおかしい。盗撮するために来たのでは」という考えが強くなりました。

   そして前説が終わってすぐ、スマホの無音カメラアプリを起動し、Aさんの後ろ姿を撮影しました。係員さんのところに向かい、写真を見せながら、この人が盗撮をしていたと思いますと伝えました。そのあと最初に伝えた方とは別の係員さん(たぶん偉い方か事務所の方)に、スマホの画面についてと声をかけたらスマホを反対側に構えられたことをお話し、Aさんの居場所をお伝えし、その場は1度終わりました。

   スタッフさん側で動いていることはわかりましたが残るべきかそのまま移動していいのかも知らされなかったので、その位置から動く直前、居場所などをお伝えした方に声を掛けて、その後どうなったのかお聞きしました。私や私以外の方も証言があり、限りなくクロでしたが、Aさんのスマホに何も残っていない以上は追求できない(あまり下手に追求すると信用問題になってくる)、とのことでした。

 

 

何がいけなかったのか

   (※あくまで自己分析です)

  • Aさんに直接声を掛けたこと…これがなければ、問題の動画を消されることなく、決定的な証拠つきで運営側に報告することができた可能性が高いです。
  • すぐに係員さんに知らせなかった…前説が終わってAさんの後ろ姿を撮影してからも、これを果たしてどうやって言ったらいいのかなどかなり悩んで時間が経ってしまったので、すぐに係員さんに伝えるべきでした。

 

 

逆によかったこと

  • Aさんの写真を撮っていたこと…今回、前説時は電源を切るような指示はなかったので終了直後にできましたが、コンサートなどは電源を切っているので難しいかなと思います。ですがそれができる環境であれば特徴などを伝えるよりもいいみたいです。実際Aさんは写真のおかげですぐ見つけられた、と係員さんがおっしゃっていました。

 

 

盗撮を見つけたときの対処法

  1. 本人に直接注意はしない…今回のように、証拠を消されてしまう可能性があるからです。また、ファン同士のトラブル回避にも繋がるかと思われます。
  2. すぐに係員さんに伝える…見つけたら即!がいいと思われます。もちろん自分が彼らのMCなどを楽しみたい気持ちもわかりますが、結局その人が気になってしまって集中できないかと(実際そうでした)。複数人でいたら、相手を見張る人と係員さんに伝える人と分かれる手段もありかなと思います。少しでも被害を抑えるために、すぐに伝えるべきです。
  3. なるべく相手の特徴を細かく…コンサートなどは席番を伝えるのもありです。今回のイベントのようなスタンディングの場合は、写真を撮る、相手の服装や持ち物、アクセサリーを伝える(なるべく被っていなさそうなものを)などでしょうか。本人の近くまで係員さんを連れてきて、あの人ですと言うのはかなり勇気がいりますが1番特定出来ると思います。
  4. 自分が報告したことはなるべく言わない…これは係員さんから、伝えるときに見せた写真を消したほうがいいと思いますと言われました。このことで本人やその仲間から逆恨みなどもありえるからです。自分にとっても、いやな出来事をはやく忘れるために必要だと思います。

 

 

これは今回のイベントに関わらず、ジャニーズのライブなどにも大切な知識だと思うので、ぜひ拡散していただければと思います。

ですが、こんな事態は起こらないのが1番です。こういった被害が少しでもなくなりますように。