ここがジャニ沼の最深部

とにかく頑張っている人が好きです

ジャニーズ伝説とTravis Japanについて。

ものすごーく自語りなんですけど、どうしてもこの気持ちを残しておきたくてブログに起こすことにしました。

 

第一の感想:やっと観れた。前の公演は諸事情で(というかまだそこまでオタクではなくて)観に行けてなかったのだけれど、少クラNEWSで流れた映像をずっと繰り返し見ていた。*1ずっと観に行きたい気持ちがあっての再演だから本当にやっと観れたと思った。ラストのNever My Loveは素直に感動した。あの舞台は絶対にA.B.C-Zにしかできないし、A.B.C-Zにしかやってほしくない。あとめどとら*2の登場シーン多いしダンスやばすぎ。あそこの9人1グループだったよね??やばすぎ。やばすぎ。(言いすぎ)

 

でもやっぱりいちばん泣いたのは夢のHollywoodだった。

イントロが流れた瞬間身を固くして、5人のシルエットが写し出されたときに涙腺が崩壊した。Twitterも見て、WSも見て、現実ってわかっていたはずなのに、どうしてもどこかで受け止められなくて、でも現実を突きつけられた。タップに切り替わる瞬間も、彼の笑顔のタップを思い出してしまって泣いた。彼らの5人の瞬間なんてオープニングからあったのに、それでも夢ハリが現実を突きつけてきた。

そして奇数になって、フォーメーションで絶対に0番に立つ人ができて、基本的にはローテーションだったと認識しているけれども、なんとなく0番に立つのが多かったような気がした彼。今のTravis Japanの中では最年少なのに、気迫があって、すごく重いものを背負っている表情をしていて、それがまた辛かった。そんなにぜんぶ背負わないで、と言いたかった。去ってしまった仲間もいるけれど、まだ4人も頼れる仲間がいる。もっと周りに頼って、またあの無邪気な笑顔を見せてほしいです。

 

何が言いたいかというと、

A.B.C-Zありがとうございます!!!!!Travis Japan大好きです!!!!!

*1:悲しき雨音踊れます、というどうでもいい情報。ただしいちばん好きな曲はなんとなく なんとなくです

*2:MADEとTravis Japanのこと勝手に略しました